歯科治療で出来る治療たち~歯の駆け込み寺~

じっくり相談をする

矯正費用が増大する要因

笑顔

矯正歯科における矯正費用は、全額自己負担であるため高額な請求となります。個人によって費用差も生じる矯正歯科治療では様々な要因によって費用増大がなされます。 第一に個人における歯列状態で大きな費用増大につながるものとなります。全ての歯列か一部の歯によっては半額の差が生じる程となります。また、矯正歯科で用いられる器具によっても費用差が発生し、短期間や見えにくいといったメリットが大きいものほど高額である傾向にあります。 矯正歯科で行う矯正治療は、虫歯や歯槽膿漏の治療完了を前提とします。これによっても費用増加につながるものであり、かつ治療期間の延長が必須となってしまいます。矯正中のオプションでホワイトニングが一例として挙げられますが、これによっても費用差が生じます。 矯正を行う際には、トータル的な費用だけを見るのでなく必要な詳細費用を確認し医師とじっくり相談しながら進めていかなくてはなりません。

医療費控除の可能性について

矯正治療は一部を除き保険適応外です。一部とは、生まれつきや外傷などにおける不正咬合に限られ、かつ指定医療機関による治療となります。容貌美化の為の矯正では、医療費控除についても同様です。高価な材質を用いた治療では、一般的な支出水準を大きく超えるものであり医療費控除の対象外となるのです。 しかし、矯正を受ける年齢や目的によっては医療費控除の可能性があります。例えば、子供のように成長を阻害したいための矯正、不正咬合いによって障害をもたらす症例など対象となるのです。 歯科矯正における医療費控除の申請には診断書が必要となっており、不正咬合判断は医師によるものとなります。従って、事前に医師へ相談する事で医療費控除の恩恵を受ける可能性が出てくるのです。