歯科治療で出来る治療たち~歯の駆け込み寺~

増加傾向にある

矯正歯科医院における動向

女性

最近の矯正歯科医院の開業は安定した時代となっています。街の至る所で矯正歯科医院が存在している反面、定年がない歯科医師の定着によって年々増え続ける傾向にあります。今後、矯正歯科領域では、歯科医師過剰問題が懸念される動向にあります。 しかし、国内の矯正歯科に対する意識や執着は、国外に比べここ最近のものとなっています。子供のころに受けられなかったという方も多く、成人による矯正歯科受診や治療率は増加傾向にあります。また、自分のような思いはさせたくないという親心から、小児からの矯正歯科受診や治療も増加傾向にあります。今後もそのような増加の動向が予測されるものであり、矯正歯科の必要性を窺わせるものとなっています。

矯正にかかる費用の問題

近年の歯列矯正に対する関心は高まる一方ですが、矯正にかかる問題が踏み切れない大きな理由となっている現状があります。いくら矯正歯科が増え技術が進化したとしても保険適応外による高額負担は過去と比べても大きな変化を見せていません。 今から矯正を行う方は、現代の治療成績や様々な技術向上が遂げられていますが、費用の問題は未だ残っている事に注意をしなければなりません。また、矯正費用は施設によっても大きな違いが発生する事にも注意しなければなりません。 ここ最近の歯列矯正では、全ての方法が高額というわけではありません。技術の発展に伴い、部分矯正の治療成績が向上し、大きな費用削減となるものが存在します。全ての歯列矯正が必要なく、一部の矯正を望む方には、費用問題を解決できるものとなります。